読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するバイク乗り

旅が大好きなバイク乗りのブログです

広告

国内旅行やライブ遠征で交通費や旅費を極限まで抑える方法

広告

こんにちは、にょすけです

今回は私の趣味である旅行、ライブにおいて一番の悩みどころについてのブログを書かせていただきます

 

ライブや旅行に行くにあたって一番コストが掛かるのが交通費や宿泊費といった観光やライブそのものには余り関係のない部分にどうしてもなってしまいます

そこで今回はそれら含めた旅費を極限まで下げる、私なりの方法を書かせていただきます

 

旅費といえば大きく分けて3つ、交通費・宿泊費・食事代です

宿泊費については

 

 

こちらの記事を見ていただけるとありがたいです

 

残るは交通費と食事代

とは言え食事代はコンビニやスーパーで済ませれば安くなりますが、旅行やライブ遠征の楽しみといえばその土地ならではの食べ物を食べること、なんて人もいるかと思います

後々の思い出のためにも食事代はしっかりと出すことをおすすめします

もしそこすら削りたい方はスーパーで閉店間際を狙うと良いでしょう

 

さて、残ったのは交通費です

実際遠くの場所に行けば行くほどココが一番大きく関わってきます

そこで今回はこの交通費を下げる方法をお教えします

 

1. 青春18きっぷ

http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/1/1140/img_110f37cade53180a87f58b78e8c93302479163.jpg

 

引用:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/1/1140/img_110f37cade53180a87f58b78e8c93302479163.jpg

 

これは期間限定(春,夏,冬の間の約1ヶ月程度)で毎年JRから販売されている切符です

JRのみですが、普通列車や急行列車に乗ることができ、5回分で11850円、つまり1回分は2370円の切符です

1回分使うとその一日の間上記の列車に乗り放題になります

例えばですが、東京の新宿駅から始発で出発したとすると最大で北は青森辺りまで、南は小倉、なんと福岡県まで行けてしまいます

さらにこの青春18きっぷ、一人で5日分使うのではなく、5人で一日や2人で2日乗って残りはオークションやメルカリなどに、なんて使い方も出来てしまいます

一日辺り2370円ですが新宿~小倉では通常料金だと13220円なので一万円以上のお得となります

ただ、これは新宿からの話で逆に小倉から出発となると静岡県の沼津辺りまでしか行くことができないように、田舎からの出発となるとさらに行ける距離が狭くなります

ですが、普通に行くよりも断然やすいので大変おすすめです

 

2. LCC

http://nl.simg.jp/img/201202/35238.867012.jpg

引用:http://nl.simg.jp/img/201202/35238.867012.jpg

LCC、格安航空会社を利用する方法です

日本にはPeach AviationやJetStar、スカイマークやソラシドエアなど様々なLCCがあります

その中でも特にPeachやJetStarはよくセールを行っており期間限定、席数限定で片道999円などのセールも行っています(実際には手数料などを含めると2000円を超えることもありますが…)

これを上手く利用すれば往復5000円も行かない、なんてことも夢ではありません

また、普通にとっても片道8000円程で行けることもあるので、予算があまりないが移動に時間を掛けずに旅行をしたい、なんて方にはおすすめです

 

3. 夜行バス

http://www.bushikaku.net/images/bustype/seat3by111_01.jpg

引用:http://www.bushikaku.net/images/bustype/seat3by111_01.jpg

時間をあまり無駄にしたくない、という方にオススメの移動手段です

夜行バスは基本的に夕方から夜にかけて出発し、朝方に目的地につくため時間をあまりムダにすることがありません

料金も東京から大阪で2000円などと大変安く、また車種によりますがシートも基本的にゆったりと作られているため睡眠をとることも出来ます

ですが夜中に何度か休憩でSAによってり、場合によっては周りの話し声やイビキなどで起きることもあるため、アイマスクや耳栓を持参することをおすすめします

 

4. 相乗り

複数人で旅行・遠征する場合に意外と安く済むのがこの方法

レンタカーを借りて、ガソリン代をみんなで割り勘しても燃費のいいクルマであればそこまで高くつかず、また寄りたいところに色々よることもできるので大変おすすめです

ただ、この場合運転は各自行うことになるので免許を持っている人を多めに連れて行くと安心です

 

5. ヒッチハイク

https://manuke.jp/wp-content/uploads/2015/05/76e24c1fcddced1c60a8309274300c73.jpg

引用:https://manuke.jp/wp-content/uploads/2015/05/76e24c1fcddced1c60a8309274300c73.jpg

時間に余裕があるがお金はない、そんな旅人の最終手段です

遠征には不向きですが、学生やフリーターなどの旅人でヒッチハイクをしている人はたまに見かけることがあります

注意点としては決められた期間内で目的地にたどり着ける保証はないということと、安全の保証は無いということです

ですが確実に良い思い出が出来ること間違いなしなので勇気のある方は是非お試しください

広告