旅するバイク乗り

旅が大好きなバイク乗りのブログです

広告

【Solved】NCCL2.0 : Warn Call to connect failed : Connection refused 【日本語有】

An error occurred while running
http:// http://docs.nvidia.com/deeplearning/sdk/nccl-developer-guide/index.html#onedevprothrd
This program on multiple node(machine or GPUs)
Also, ChainerMN 1.0 and CNTK 2.2 didn't work with same error.

*server name* [0] include/socket.h:185 WARN Call to connect failed : Connection refused
Failed, NCCL error nvidia-sample.cu:88 'unhandled system error'

This error is happen on ncclCommInitRank()

Cause

This error was occurred by NCCL2 environment setting
NCCL2 was trying to use virtual network IF for docker, and it made it impossible to communicate among each node.

I added

NCCL_SOCKET_IFNAME=^docker0

to system environment variable and it worked



日本語

NCCL2.0でNVIDIAのサンプルプログラムを分散環境で動かそうとするとエラーが発生

*server name* [0] include/socket.h:185 WARN Call to connect failed : Connection refused
Failed, NCCL error nvidia-sample.cu:88 'unhandled system error'

ChainerMNやCNTK2.2も同様のエラーでncclCommInitRank()を実行した際にConnection refusedが発生

原因

NCCL2.0がネットワークインターフェースを選択する際にdockerの仮想IFを通信経路として選択することに起因するエラー
OpenMPIのmcaのconfで

mca btl_tcp_if_exclude=docker0,lo

を指定していても,別でNCCL2.0の設定が必要

解決方法

~/.bash_profileや~/.bashrcに

NCCL_SOCKET_IFNAME=^docker0

を追加することで解決


そもそもNVIDIAはNCCL2.0のDeveloper GuideにNCCL_DEBUGのオプションをWARNとVERSIONだけじゃなくてINFOも記載してくれ・・・

【ディープラーニング】Adamを用いた最適化プログラム in C言語

検索してもなかなか出てこなかったのでメモ書き程度に記載

現在ディープラーニングの分野ではPythonがメインで使われているのは承知だが、
少々特殊なことをしているためできればCでAdamを用いた最適化を行いたかった

しかし中々調べても出てこないのでPythonのコードを読み解いてから自分で書いてみた
ミスがあったらごめんなさい

Adamの基本的な考え方については他のページを参考にしていただけるとありがたいです

double adam(double grad,int number,int it,int jt,int fl){
        double alpha=0.001;
        double beta1=0.9;
        double beta2=0.999;
        double eps=pow(10,-8);

        m[number-1][it][jt] += ((double)1.0-beta1)*(grad-m[number-1][it][jt]);
        v[number-1][it][jt] += ((double)1.0-beta2)*(grad*grad-v[number-1][it][jt]);


        double mh,vh;
        double fix1,fix2,lr;

        fix1=(double)1.0-pow(beta1,t);
        fix2=(double)1.0-pow(beta2,t);
        lr=alpha*sqrt(fix2)/fix1;

        mh=m[number-1][it][jt]/((double)1.0-pow(beta1,t));
        vh=v[number-1][it][jt]/((double)1.0-pow(beta2,t));

        switch(number){
                case 1:
                theta=w1[it][jt]-lr*m[number-1][it][jt]/(sqrt(v[number-1][it][jt])+eps);
                break;

                case 2:
                theta=w2[it][jt]-lr*m[number-1][it][jt]/(sqrt(v[number-1][it][jt])+eps);
                break;

                case 3:
                theta=w3[it][jt]-lr*m[number-1][it][jt]/(sqrt(v[number-1][it][jt])+eps);

                case 4:
                theta=w4[it][jt]-lr*m[number-1][it][jt]/(sqrt(v[number-1][it][jt])+eps);
                break;
        }
        if(fl==1)
                t++;

        return theta;
}

この関数の引数としては
・傾き grad
・配列管理用 number,jt,it
を用いました

このプログラムは私の行っている研究に特化したものとして作ったのでこれはベース程度に考えてもらえるとありがたいかもしれません

SR400のリアブレーキが弱く感じる理由がやっとわかったアブレーキが弱く感じる理由がやっとわかった

私は約2年前に父の知り合いから譲っていただいたSR400に乗っている

といってもその方も他の方から譲り受けたらしく、自分で持っていた二年間はほぼ乗っていなかったらしい

セパハン、タックロールシート、キャブトンマフラー、ショートフェンダー、ヘッドライト交換などまあ色々定番のカスタムがされていたが、これは前の前のオーナーが全てやったものらしい

 

バイクには乗るけどあまりバイクに関する知識、もっというとSR400に関する知識がない私はこれ以外のいじってある場所に気づかなかった

しかし譲ってもらったときからどうもリアのブレーキが効かないなー、ドラムブレーキはディスクより効かないけどそのせいかな?とずっと思っていた

 

初めての車検

この春私はこのSRに乗り始めて2回目、もらった時は店に頼んだので自分で通す車検は実質初めてとなる。そこで色々整備もしなくては、と調べているとどうやらブレーキの項目があるとのこと

このブレーキのままで通るのだろうか…と気になった私はSRのリアブレーキの整備をすることにした

とりあえず知識が何もないのでネットで色々調べて見たところ気になる記事が…

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

この質問者によると純正バックステップにした途端効かなくなったとのこと

 

純正バックステップとはなんだ?というレベルの知識しか持たない私なのでSRについて色々調べたところなんと2型のSR、年式で言うと85年~00年までのSRはステップ位置が若干後ろ目の純正バックステップと俗に呼ばれるものらしい

 

さらに色々調べてみたところ恐ろしい情報が…どうやらライトカスタムによくありがちなものとしてステップだけ変えてブレーキ類は変更しないままのものが多くあるらしい

特徴としてはリアのブレーキが全くと言っていいほど効かない

 

あれ?これって俺のもじゃね?

 

そう思った私は自分のSRの年式とステップを確認することに

 

・・・・・・・

 

やっぱりでした

私のSRは2002年式、つまり普通のステップ

で、今入っているのは純正バックステップ

気になるブレーキ類はノーマルのまま

 

…そりゃ効かないわけだ

 

いや、ね?そりゃ今まで気づかなかった私が悪いんですけどまさかそんなところに原因があるとは思いもしませんでしたよ…

しかも新品のパーツはまあ古いですから中々出ないでしょうし純正部品は高いですし

 

ということでここ数日はヤフオクにはりついていい感じのブレーキ周りを探しています…

【裏技】ホテルを取らずに福岡空港周辺で格安で泊まる方法!

LCCなどを利用して安く旅行しよう!と思うと中々地方の空港からは飛行機が少ないか高いからどうしても大きい都会の空港から担っていまいがちですよね
しかも安い料金は朝が早かったり夜が遅かったり…
早起きして車で移動して飛行機で乗ってとなると朝がとても早くなることもしばしば

そんな時にオススメの福岡空港周辺の安く泊まれる場所、ご紹介いたします!

※この記事はしっかりとしたホテル、旅館を紹介しているわけでは無く、とりあえず寝れて、一晩過ごせればいいという方向けです

博多の森 湯処『月の湯

www.tsukino-yu.com

こちらは普段はスーパー銭湯として営業していますが、夜の11時から朝の7時30分まで普段は食事処となっている畳のスペースを宿泊場所として貸出ししています!
料金は銭湯代+宿泊料となりますが、銭湯にも入れ、かつ低料金の為大変人気の施設です
私も過去に一度利用しましたが、畳のスペースは広く、また座布団もあるためかなり快適に睡眠をとることが出来ます。
また、夜銭湯に入り朝風呂も、なんて普段では中々できない贅沢もできるため大変おすすめです!
宿泊客にはバスタオル一枚の貸出もあるため、タオルがなくても銭湯に入ることができます
また、空港からの送迎サービスもあるそうなので詳しくはリンク先をご参照ください

入館料金

f:id:pakio96te:20170124161735p:plain

休憩室料金

f:id:pakio96te:20170124161739p:plain

ネットカフェ

安く宿泊したいときの王道、ネットカフェです
福岡空港は地下鉄で天神駅から11分博多駅に関してはなんと5分
博多駅天神駅周辺にはネットカフェが非常に多くあるため、宿泊費を抑えるには一度天神あたりまで出てしまってもいいかもしれませんね
また、多くのネットカフェはシャワーを完備しているため待ち時間はあるかもしれませんが汗を流したい方にもぴったりです

瞑想について考えてみた

こんにちは、にょすけです

最近寝ても疲れが取れないことが多く,ふと瞑想について考えてみました

Wikipediaによれば瞑想とは心を静め無心になることらしい

世界中様々な国で,様々な宗教で瞑想がみられる
例えば,インドなんかが有名なヨガや日本で行ったら座禅
キリスト教イスラム教,神道にも瞑想があるらしい

これほどまでに様々なところで昔から行われているなんて何も効果がないとは思えない

しばらく寝る前,起きた後時間があるときなどに瞑想をしてみてどう変わるか考えてみたいと思います

RstudioにCSVからデータを取り込む方法 CSVに出力させる方法

忘備録に
R studioにcsvからのデータを取り込むのは
変数名 <- read.csv("FILENAME")

自己相関は
acf(変数名)

csvに書き出しは行番号なしなら
write.csv(変数名, "ファイル名", row.names=FALSE)

不知火号搭乗レビュー 熊本->名古屋【夜行バス】

夜行バス初搭乗の記念に搭乗レポートでも

 

10月最終週に名古屋に行くことになり、安い交通手段無いかなーと探してみたものの直前だったため見つからず。

時間かかるし大変そうだし…と避けてきた夜行バスにチャレンジすることに

 

搭乗区間熊本駅~名鉄バスセンター

夜の8時に乗って朝の7時半ごろの到着でした

 

熊本駅の白川口から出て右手にまがりしばらく歩くとバス停があります。

定刻の8時より1~2分早めにバスは到着

f:id:pakio96te:20161116173242j:plain

f:id:pakio96te:20161116173248j:plain

 

結構大きめのバスで広かったのが印象的です。

 

座席にはホットアイマスク、スリッパ、空気枕が備え付けられていました。

空気枕は公式サイトにあるような立派なものではなく、100均で売ってあるような、というより前日念のため私が100均で買ったのと全く一緒のものでした

 

途中休憩が二箇所あり、11時頃に山口県の王司PAにて10分ほど休憩。その後は消灯となるためそこで最後の飲み物を買ったりトイレに行ったりといった感じでした。既に11時なので売店はしまっていた為食事は事前に済ませておくかバスに乗る前に買うのをおすすめします。

二回目の休憩は朝6時頃に三重県の大山田PAに到着。朝も早かったのでトイレと自販機くらいしか動いて無く、10分ほどの休憩となりました。

その後1時間と少しで名鉄バスセンターに到着。

 

ここからは搭乗レポートです

私が予約時に割り振られた席は1C、一番前の運転手すぐ後ろの窓側の席でした。

一番前ということもあり足元はほかと比べて広めではありました。といっても身長176cmの私ですら足はゆっくりとさせることは出来なかったので熟睡は諦めましょう。

最初はいいと思ったこの席、実はとてつもない欠点がありました。そう、タイヤの上の席だったのです。

高速バス、もっといえばタイヤの上の席に長距離乗ったことのない人にはあまり伝わらないかもしれませんが、はっきり言ってあの席で12時間近くは苦痛でした。

まず、タイヤの真上なので振動が直に伝わる。高速道路で早いスピードなのであまり感じづらいとはいえ、かなりの振動でした。

次に、路面からのノイズがうるさい。

これは他の夜行バスに乗ったことがないため高速バスとの比較となりますが、明らかに路面からの騒音がすごかったです。耳栓を持っていったから良かったものの無かったら寝れなそうな音でした。

ちなみに私が使用したのはこの耳栓でこれをつけるとかなりいい感じでした。

 

最後に、高速バスで12時間近くは休めないし逆に体への負担が大きい。

いくら席を倒せるとは言え足を折り曲げたままでシートもそこまでよくない夜行バスです。かなり疲れます。実際次の日は寝不足と疲労から日中もかなりクタクタでした。

 

結論から言いますと、飛行機が高ければ仕方がなく乗るけど、そうじゃなきゃ恐らく乗らない!

今回は急な計画で飛行機が高かったため夜行バスにチャレンジしましたが、そうでなきゃ恐らくしばらくは乗ることは無いでしょう。まあ、いい経験にはなったかと思います。

広告